妖怪ウォッチにはまり。。

30歳女性なのに妖怪ウォッチにはまっていました。
モンスターとかを集めるゲームはとっくに卒業したと思っていましたが、小学生の甥っ子に勧められて(一緒に語りたかったらしい)しぶしぶ妖怪ウォッチ本家を購入。
いかにも子供向けな内容に「やっぱ作業ゲーかぁ…」と思いつつプレイしていました。
しかしだんだん妖怪が強くなったり増えたりしてくると、コレクター魂に火がついてしまったらしく「絶対こいつを仲間にするまでやめられない」とムキになり始めました。
出現率の低い妖怪をゲットするために同じ場所を何度も何度も訪れてはバトルし続け、毎日コツコツ3~5時間は3DSに向かっていました。
歩いた歩数でガチャを回せたりすれ違った人とバトルできたりするので、常に3DSを携帯し歩き回っていました。
(おかげでいい運動になりました)そもそも子供向けのゲームなので、すれ違い通信でレアな妖怪を見つけるべくあらゆる公園へ出向きすれ違いさせてみたり小学生に混ざって通信対戦したり、今では絶対できないような恥ずかしいことをしていました。
限定配信ものやレア妖怪の入手方法をさがすべく毎日検索作業もしつつゲーム自体も進めなくてはならず、もうクタクタです。
しかし妖怪ウォッチ自体の人気が陰りはじめ、公園でプレイする子供たちも減ってきたので自然と自身のブームも終わりました。
振り返ってみるといい年して恥ずかしいのでもう子供向けのゲームは今後手を出したくないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です