スト2にハマり大学中退

現在41歳の男性会社員ですが、ゲームのやり過ぎて大学を中退した経験があります。

当時ハマったのはストリートファイター2、今でも続編が出続けてるゲームで格闘ゲームブームの火付け役でもあります。

これにはまったのはゲームセンターでスト2の対戦が大流行していた頃です。

元々色んなゲームをやりこんでいて、プレイしたゲームは1coinクリアは当然、シューティングなら1000万+@までするぐらいのゲーム好きでした。

スト2も周囲の人と比べると相当上手いほうで、休日昼間で人が多い時なら100円で2時間ぐらい遊ばせてもらいましたし、Round99まで勝ち抜いたりもしてたほどです(100連勝以上していた)。

スト2を作ったcapcomがその前に出していたファイナルファイトをやりこんでいたり、会社は違いますがデータイーストのファイティングファンタジー(スト2タイプのファンタジー格闘ゲーム)とかもやっていたからか発売日初日に1coinクリア、次の日には別キャラで1coinクリア、一週間もすれば全キャラ1coinクリアしてたほどで、今だと普通じゃんって思われそうですが当時は一週間かかっても1キャラも1coinクリアしてないって人ばかりだったことを考えると相当アドバンテージがあり、その状態で対戦をしてたんですから勝ちまくって当然だったと思います。

もちろん対戦は周囲の人も1coinクリアできるようになり、別キャラでも出来、一人用が飽きてきたって時にしたんですが、その間に私も点数稼ぎ(ダブルKO稼ぎやガイルの2000点投げ等)をしたりして、よりシビアなプレイをしていたので差はかなりあったと思います。

これだけ勝ちまくれると大学が終わってからすぐゲームセンター、休日には朝から夜までゲームセンターに入り浸るようになりましたし、そのうち対戦を避けられるようになり隣の市に対戦をしにいったりしてたほどです。

この頃は各ゲームセンターに常連みたいな人がいてて、私のいてる場所に遠征してきたりして顔バレはしてたんですが、これが逆に常連の心に火をつけ、俺が負かしてやる!って感じでドンドン乱入してくれますし、自分でも道場破りのゲーム版って感じがしてどんどんのめりこんで行きました。

問題になったのは遊びすぎによる大学の出席日数不足です。

電車で片道2時間かかっていたんですが、朝寝坊とかが多くなってしまいとうとう必修科目の出席日数が足らずになり留年決定、ここで現実逃避とばかりにゲームばかりしてしまって結局大学を休学しそのあげくに退学しました。

そこから2年ほどフリーターをしながらスト2をしまくりました。

今はゲームゲームっていう年齢でもないですし、プレイしてもたしなむ程度ですがゲームでとんでもない失敗をしてしまったと後悔してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です