夏休みをオンラインゲームでつぶした!

私は20歳の女性です。

ちょうど1年前くらいにネトゲ中毒になりかけました。

その頃は一人暮らしをし始めて、誰にも何も言われない環境が整っていたのです。

そのためこのようなゲームにはまってしまったのでした…。

最初はほんの遊びのつもりだったのです。

オンラインゲームなんて今までしたことがなくて、「面白そう」と軽い気持ちで初めて見ました。

そしたらあれよこれよという間にはまってしまって、学校があるのに関わらず時間があればすぐにINして夜遅くまで遊んでいました。

そんなときがしばらく続いて、ちょうど夏休みに入ったのです。

私は「待ってました」とばかりにネトゲに熱中しました。

友達に誘われても「用事があるからごめん」と嘘をついてひたすらゲーム三昧です。

ご飯を食べる時間さえもったいなくて気づいたら1日1食半くらいの生活になっていました。

一緒にチャットをする機能とかがあって、ネトゲの人と仲良くなったりもしました。

そうしていたら現実の友達がどうでもよくなって、夏休みはずっとこのゲームを中毒のようにやっていました。

しかし、さすがに夏休みが終わろうとした頃に気づいたのです…。

このオンラインゲームを続けていると身を滅ぼすことに。

学校が始まった頃に現実に引き戻されて、自分を客観的に見つめて「ヤバい」と思いました。

このままオンラインゲームをやり続けたらダメ人間になると思いました。

こうして私はやっとのことで、オンラインゲームをやめることを決意しました。

区切りをつけて遊べたらいいのですが、実際にやってみてそれはできないと思いました。

現実の生活に戻るために私は思い切って完全にオンラインゲーム断ちをしたのでした。

私はこのとき、夏休み史上一番もったいない休みの使い方をしてしまったなと思っています。

今はただただオンラインゲームの中毒性の怖さを感じています。

やめれて本当に良かったです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です